FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ヨガにも、やっぱり戦略は必要なのだ!
ヨガの流派の一つに

Jivamukti

というものがあります。
今や、ヨガの中で最も大きい流派と言ってもいいかもしれません。

大きい

というのは

もっともポピュラーで
商業的に成功していて
メディアでの露出も当然多い
という点からです。

できあがったのが1984年からなので、ヨガ全体からみたら、
とても歴史は浅い!

それなのに、ここまでの勢力になったのはひとえに

宣伝効果によるもの

と私は思います


だって、Jivaの教義というものは
1、非暴力
2、献身
3、瞑想
4、音楽
5、古代インドヨガ哲学の教え

なんですが
どれをとっても
目新しくない!

1や2なんて、ヨガ以前の問題だし
3なんて、ヨガ以外、禅のクラスやスピリチュアル系のセミナーでもおなじみ
4も、ヨガでもそれ以外でも、当たり前
5は、これがなければヨガじゃないだろ~

てな、突っ込みどころ満載なものです
まあ、突っ込むのは私くらいですが

それなのに、このJivaがここまでもてはやされているのは

NYの一等地にあるスタジオで、
スティング、ドナ・キャラン、マドンナ、クリスティ・ターリントン
というそうそうたるセレブがこのヨガを実践しているから

だからこそ、メディアが飛びつき、
ヨガ=イケてる
となったわけです

ちょっと詳しくなると
単なるヨガではなくて
私、○○ヨガをしているの
と、挨拶の次に言い出すようになりますから
そこで
このJivaのことを言えば
イケてるじゃん!
となるわけです

こうして、どんどん信奉者が増えます。
この流派の講師としての認定をとるコースなんて
60万くらい!
するんですが
毎年、世界中から
わんさか
ヨギーニが参加しています
その収益は、動物保護に役立てられているそうですが


60万円払ってコースを受ける人に
他とどう違うの?
と聞いても、おそらくあまり答えられる人はいないのでは・・・

だって、実際あんまり違わないんだもん!

イメージ戦略が大成功したケースといえるでしょう

コツコツ地味に続けていたら
いつの間にか人が増え
一大勢力になった

なんて、現代ではありえないということ

ヨガのように、時の流れや、時代の趨勢と無縁に見えるものでも
こうなんですから
それどころか、しっかり現代に合わせたビジネス戦略に基づいているのですね

う~ん、ヨガそのもの、というよりも
ヨガをビジネスとして使いこなす人々に
恐れを抱きます!

まあ、私は淡々とやります

○○派
とか、そういうのはどうでもいいや・・・

ちなみに、Jiva創設者のお二人です
スポンサーサイト
[2013/11/04 21:30] |    ヨガ | コメント(0)
体幹、また体幹!
その昔、クラシックバレエを習っていました。

運動は大嫌いでしたが、バレエはそれなりに頑張っていました。
小さい頃だったので、やればやるほど、すぐに目に見えて成果がでていました。
それが、やる気に拍車をかけていたのかもしれません。

その後、バレエを辞めてから、○十年、体を動かすことから完全に遠ざかっていました。
体は緩み、180度以上開いた開脚も、普通の人以下にまでなり下がり・・
ピラティスを始めるまでは。


ピラティスを始め、次にヨガにはまり・・・

どこででも、
前はどこでやっていたの?
ずいぶん長いんですか?

と訊かれます。
それは、私がうまいとか、才能あるとかではなくて・・
わかったんです!

体幹がトレーニングされているから!

バレエを習っていた○十年前には
体幹なんて言葉はありませんでした
というより、あったのでしょうが、一般人は全然知らなかったはず!

バレエでは、まず、この
体幹
を鍛えられます。
まず、立つ姿勢から始まり、全ての動きが、体幹をしっかりさせていないとできないものです。


子供ですから、いろいろな表現で指導されました。
ピアノ線で頭のてっぺんからつりさげられているように!
体が一本の線になるように!
体に杭が刺さっているような気持ちで!

子供に、体の軸(←当時は、体幹、というよりこの言葉でした)
を意識させるため、先生は苦労して、いろいろな表現を使っていました。

今思えば、これが私のその後を決めたのでしょう←なんてまあ気障な言い方!

何をするにしても、知らないうちに、体幹が稼働しているらしいです。
すぐにスイッチオンになるとでもいいましょうか
無意識のうちに

体幹って、大人になってからだと、言葉の理解力は子供より当然あっても、
なかなか意識して鍛えるのが難しいようです。
子供の時には、言葉の理解力は低くても、動物的ですから、意識して鍛えることが
大人よりは簡単なよう。
私は、子供の時に、体幹を鍛え、意識することができたので
今になっても、自然に体幹を働かせることができるのでしょう。

これは、バレエだけでなく、すべての運動、果ては、
日常生活の動き
全てにおいて違いをもたらすと思います。
私が、運動嫌いで、体を動かすのも久しぶりなのに
ピラティスやヨガ教室で、経験者とみられるのは、ひとえにこの
体幹の働かせかたの違い
でしょう。

体幹を働かせられるだけで、
体がなまっていても
筋力が少なくても

動きが違うようです
もちろん体を鍛え、筋力量を上げることも大事ですが、
体幹を使えない人が、筋肉を鍛えて、力だけに頼ってしまうと
故障を起こしやすいようです。

バレエを習わせてくれた親に感謝!
です。
もちろん、体幹が鍛えられているからと言って、
筋力をこれから鍛えなくてもいい、ということにはなりません。
柔軟運動もたくさんしなくては!

この年になってからの柔軟は、きついです
背骨の水分量が多い子供の時には、
やればやるほどいくらでも柔らかくなるのが
水分量が減った成人後だと
ある程度までで限界がくるそうです。

子供の時には、軟体動物みたいだったのにな~
今じゃ、
普通の人以下
ですから~
ダイエットのリバウンドじゃないですが、
経験がない人よりも、柔らかくするのに大変みたい

体幹が鍛えられていても、これじゃあね・・・
[2013/10/26 12:32] |    ヨガ | コメント(0)
ピラティスもヨガも万能ではないのかな
ピラティスもヨガも

健康にいい

のはもちろんです。

どんな運動もからだにいいんですから。

それだけではなく、

ピラティスは左右の歪みを整えるので、歪みから生じる様々な症状を軽減させる
要は、今流行の
骨盤矯正
の効果があるわけです。

ヨガは、呼吸に加えて、何千年もかけてデザインされたポーズが
体のどこをどう刺激するか
に基づいているため、
同じく体を調整し、さまざまな不調を軽減させる

と言われています。

私は、もともと腰痛もなく、肩こりもなかったので
何がどうよくなったかわかりません!!!

珍しいね~って言われますが

パソコンを毎日何時間もするので
肩こり、腰痛なんてありそうなもんですが

でも、無理やり、どこか悪いとこはないかと、考えてみると、あった!
生理痛がヒドイ
のです。



この間も、のたうちまわるほどの激痛に苦しみました。
こんなこと、何年かに1度ですが。
横になっても楽にならなくて、本当に、冗談じゃなく
ウゥ~
っていううめき声が出てしまったのです。

もちろん汗もダラダラと・・・・
これが軽減されないのかなあ、ヨガとピラティスで


それには何年もかかるのでしょうか。
人によって、短期間で変わる人と、じっくり時間をかけて変わる人がいるでしょう

それを待ちつつ、西洋医学にも頼ろうかしら



だって、あの生理痛に苦しんだ日は休日だったからよかったものの、
平日だったら、絶対に仕事はできませんでした。
朝から晩まで何もできなかったんですよ。

生理痛にも効くかもですね、この「ヤズ」という製品

低用量ピル(Yaz)を正しく服用し女性本来の美しさをキープ
どんな感じか、ちょっとドキドキしますけれど。

現代社会に生きて、森の中でなく都市に住んでいたり、
完全に自分のペースで生きていけているわけではないので、
完全自然派!
っていうのは難しいですね。
[2013/10/19 15:31] |    ヨガ | コメント(0)
呼吸法
ヨガでは、
腹式呼吸
ウージャイ呼吸法

があるとされています。

腹式呼吸は、
鼻から吸っておなかをふくらませ
鼻から吐いておなかをへこませる

吸うのも吐くのも同じ長さ
というものと、私は解釈しています

ピラティスでは違います。
胸式呼吸が基本で、おなかはへこませたまま
鼻から吸い
口を大きく開けて体から空気を絞り出すように吐ききる


吐くときには
ハー
ものすごい音がするくらい

これを徹底して体に叩き込んだので、
最近始めたばかりのヨガで、
腹式呼吸がなかなかできず、どうしても
胸式&口から吐き出す
をやってしまいます。
意識して矯正していくしかないのでしょうが、
どうしても体のあちこちに気がいってしまい、呼吸についてはお留守になりがちです。

しかも、ピラティスを辞めたわけでは全然なく、
時々ピラティスも行っているので、
胸式→腹式呼吸へと移行するわけではない
胸式と腹式を使い分けたいだけなのですが、
なかなかそれがうまくいきません。

ヨガとピラティスの両方の資格をお持ちのインストラクターもたまにいらっしゃいます。
すごいですね。
呼吸法を即座に使い分けられないと、教えるなんてできないですよ。

まずは、動く前に、呼吸を体に覚えさせるのが大事なのでしょう。
頭ではわかっちゃいるんですが、
どうしても動きたくなっちゃう。

それ自体、

ということで、ヨガではダメだしされてしまいそうですが。

でも、動きたい、という気持ちがあるからこそ、毎日ヨガをできるわけで・・

呼吸よりも何よりも、まずは人格を鍛えないといけないのでしょうね、きっと!!!
[2013/10/17 11:27] |    ヨガ | コメント(0)
ヨガは好きだけど・・・
私が通常とは逆で、ピラティスは始めても、なかなかヨガには近寄らなかった
(通常はヨガ人口の方が多いですし、ヨガから始める人の方が多い)
のは、ヨガが簡単に見えてしまったことと、スピリチュアルな要素が強く見受けられたから。

始めてみて、
簡単に見えてしまったのは完全に私の間違いでしたが、
やはりスピリチュアルな要素があるのは確かで、これにはなかなか慣れません
宇宙と繋がっていることを感じよう、とか、宇宙からの気を感じて体に取り入れて・・とおっしゃる
インストラクターもいますし、さらには「神が・・・」とおっしゃるインストラクターまでいます。

たしかに、ヨガ自体、仏教における修業として始まったといわれていて、そうすると、精神面を重視するのもうなずけます。

しかし、私はもともとスピリチュアル系とか、癒し、とかそういうものが苦手・・

ただ、考えてみれば私でも、自然の中に身を置いて、空気がおいしいと思ったり、心身共に
リフレッシュされることはあります。


ヨガにおいて、インストラクターがおっしゃっているのも、そういう状態を目指しましょう、
ということであり、確かに体をただやみくもに動かすだけではなく、精神面もいい状態の方が
いいには決まっています。

世の中の問題を直接解決できなくとも、個人がヨガのクラスにおいて、そうしたスピリチュアルな
雰囲気を通じて心の平安を得られ、無用な争いが減るのならば、それにも意味があるでしょう。

それでも私個人は、ヨガのクラスでは、ひたすら体に集中し、精神的なことには日常生活や、自然のなかで向き合いたいんですよね~。

自分は社会のために何ができるだろう、と考え、それに向かって少しでも何かをすることで、心の平安を得られる、というタイプだと自分では思います。

タイプの違いですよね。ですから、私は、その点だけはスルーして、ヨガを楽しめばいいのだろうと
思います。

確かに、ヨガのクラスでは、ほかの習い事に比べて、
穏やかで優しい生徒さん
が多いような気がします。

繰り返し言われるヨガの精神である
他の人と自分を比べない→他の人より自分が勝っているとか劣っているとか思わないこと
完璧にこなそうと思わないこと

のためでしょうか。

自意識が過剰な人が少ないのです。それはとても心地のいいものです。
それが日常生活に続けば、いろいろと良い影響があるのでしょう。

ただ、それとは逆の
人より秀でたい
完璧を目指したい
というものがよい作用をもたらすこともあるでしょう。
これによって、技術は進歩しただろうし、これにより、自分に厳しくいられる人もいる。

う~ん、考えれば考えるほどわかりません。

が、

ヨガの精神も、その反対の人間の煩悩も、どちらも不可欠で、バランスよく配合されるのが理想
なのでしょうね。
[2013/10/12 22:56] |    ヨガ | コメント(0)
次のページ
ピラティスもヨガも動物も


ピラティス一筋でしたがヨガも始めてみたら、いろいろと世界が違って見えてきています。でも、やっぱり動物が1番!

プロフィール

ganesha

Author:ganesha
ヨガ独特のあの雰囲気が嫌いでした。  でも、ひょんなことからヨガを始めて
みたら・・・ハマってしまいました。
やってみたら本当にキツイ・・・でも効く~
ヨガへの思い込みを飛び越えたら、
いろいろなものが見えてきました。
ギター、ピアノ、いろいろなことに
チャレンジしています。
注)上のポーズは私、できません

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

バナー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。