FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
体幹、また体幹!
その昔、クラシックバレエを習っていました。

運動は大嫌いでしたが、バレエはそれなりに頑張っていました。
小さい頃だったので、やればやるほど、すぐに目に見えて成果がでていました。
それが、やる気に拍車をかけていたのかもしれません。

その後、バレエを辞めてから、○十年、体を動かすことから完全に遠ざかっていました。
体は緩み、180度以上開いた開脚も、普通の人以下にまでなり下がり・・
ピラティスを始めるまでは。


ピラティスを始め、次にヨガにはまり・・・

どこででも、
前はどこでやっていたの?
ずいぶん長いんですか?

と訊かれます。
それは、私がうまいとか、才能あるとかではなくて・・
わかったんです!

体幹がトレーニングされているから!

バレエを習っていた○十年前には
体幹なんて言葉はありませんでした
というより、あったのでしょうが、一般人は全然知らなかったはず!

バレエでは、まず、この
体幹
を鍛えられます。
まず、立つ姿勢から始まり、全ての動きが、体幹をしっかりさせていないとできないものです。


子供ですから、いろいろな表現で指導されました。
ピアノ線で頭のてっぺんからつりさげられているように!
体が一本の線になるように!
体に杭が刺さっているような気持ちで!

子供に、体の軸(←当時は、体幹、というよりこの言葉でした)
を意識させるため、先生は苦労して、いろいろな表現を使っていました。

今思えば、これが私のその後を決めたのでしょう←なんてまあ気障な言い方!

何をするにしても、知らないうちに、体幹が稼働しているらしいです。
すぐにスイッチオンになるとでもいいましょうか
無意識のうちに

体幹って、大人になってからだと、言葉の理解力は子供より当然あっても、
なかなか意識して鍛えるのが難しいようです。
子供の時には、言葉の理解力は低くても、動物的ですから、意識して鍛えることが
大人よりは簡単なよう。
私は、子供の時に、体幹を鍛え、意識することができたので
今になっても、自然に体幹を働かせることができるのでしょう。

これは、バレエだけでなく、すべての運動、果ては、
日常生活の動き
全てにおいて違いをもたらすと思います。
私が、運動嫌いで、体を動かすのも久しぶりなのに
ピラティスやヨガ教室で、経験者とみられるのは、ひとえにこの
体幹の働かせかたの違い
でしょう。

体幹を働かせられるだけで、
体がなまっていても
筋力が少なくても

動きが違うようです
もちろん体を鍛え、筋力量を上げることも大事ですが、
体幹を使えない人が、筋肉を鍛えて、力だけに頼ってしまうと
故障を起こしやすいようです。

バレエを習わせてくれた親に感謝!
です。
もちろん、体幹が鍛えられているからと言って、
筋力をこれから鍛えなくてもいい、ということにはなりません。
柔軟運動もたくさんしなくては!

この年になってからの柔軟は、きついです
背骨の水分量が多い子供の時には、
やればやるほどいくらでも柔らかくなるのが
水分量が減った成人後だと
ある程度までで限界がくるそうです。

子供の時には、軟体動物みたいだったのにな~
今じゃ、
普通の人以下
ですから~
ダイエットのリバウンドじゃないですが、
経験がない人よりも、柔らかくするのに大変みたい

体幹が鍛えられていても、これじゃあね・・・
スポンサーサイト
[2013/10/26 12:32] |    ヨガ | コメント(0)
<<手放すことって・・ | ホーム | 歯医者さんに行きました♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ピラティスもヨガも動物も


ピラティス一筋でしたがヨガも始めてみたら、いろいろと世界が違って見えてきています。でも、やっぱり動物が1番!

プロフィール

ganesha

Author:ganesha
ヨガ独特のあの雰囲気が嫌いでした。  でも、ひょんなことからヨガを始めて
みたら・・・ハマってしまいました。
やってみたら本当にキツイ・・・でも効く~
ヨガへの思い込みを飛び越えたら、
いろいろなものが見えてきました。
ギター、ピアノ、いろいろなことに
チャレンジしています。
注)上のポーズは私、できません

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

バナー

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。